これが!!!1日1分で痔から解放される!痔の解消方法

1.jpg
2.gif
3.jpg
4.jpg
5.PNG

1日たった1分、「あるトレーニング」をするだけなのです。
私はこの方法を、痔で悩んでいる人に伝えたい!と思い、
たまたま痔で悩んでいたお客様や友人に試していただきました。
すると驚くことに、ほとんどの方の痔がミルミル改善し、
たくさんの喜びの声をいただきました。
その後も、痔で悩む方々の悩みを解消してきました。

そもそもあなたは、痔は手術をしなければ治らないと思っていませんか?

6.PNG

今の日本では昔からのイメージで、
「痔=手術」という考え方がまだまだ見受けられます。
実際に、「痔って手術しなきゃいけないんでしょ?」
という声をよく聞きます。
実は、手術によって治した痔は、
再発する可能性が高いのです。
手術はあくまで応急処置。
本当の意味での痔の改善とは言えません。
何よりも、痔の手術には、たくさんの不安がつきものです。
「痔は治したいけど、手術は怖い」
「手術をしてでも治したい。でもお金がないし、入院する時間もない」
「ずっと通院するのも嫌だし・・・何よりも恥ずかしい」
あなたもこんな気持ちになったことはないでしょうか。
また、座薬や塗り薬にも同じことが言えます。

7.PNG

最近ではたくさんの痔に効くと言われる薬が出ていますね。
実は、薬は使い方を一歩間違えると大変危険なのです。
あまり知られていませんが、
痔の薬には「依存性」というものがあります。
痛む時に薬を使えば、確かに一時的に痛みはやわらぎます。
しかし、それで痔が治ることはありません。
使い続けるうちにだんだん効果が出なくなり、
薬の量が増え、それでも痛みが消えないから、また薬を使う。
という悪循環にはまってしまう可能性があるのです。
薬はその場しのぎの物であって、
本当の意味での痔の改善にはなりません。

8.PNG

「手術もダメ・・・薬もダメ・・・」
「じゃあ、どうやって痔を治すの?」
と、あなたは思うことでしょう。
手術も薬もダメなら、
自分の力で痔を改善するしかありません。
そして、改善するためには「痔の最大の原因」を取り除けば良いのです。
「痔の最大の原因」とは、
お尻を不潔にしていたり、家系や体質のことでもありません。
実は、痔になってしまう最大の原因とは、「うっ血」なのです。
「うっ血」とは、血液の流れが悪くなり、
体の細部にまで血液がいき渡らない状態のことです。
つまり、座りっぱなしなどで血液の流れが悪くなると、
痔になってしまうということです。
この「うっ血」は、実は日常生活で改善することはほとんどできません。
うっ血に効果的なトレーニングをすることによって、はじめて解消されるのです。
もうお分かりかと思いますが、
私の痔解消法とは、この「うっ血」を主に解消するトレーニングなのです。
この「うっ血」を解消するトレーニングは特殊なものです。
ただやみくもに運動しているだけでは、うっ血が解消されることはありません。
私の痔解消法は、この「うっ血」を効果的に解消し、
人間の持つ治癒能力を最大限に活用し、痔を改善するものです。
しかも、このトレーニングはとても簡単で、
1日1分でできるものです。

手術や薬は一切いらない
お金も手間もかけず、短期間で痔が回復する
誰にもバレずに、コッソリと痔を改善できる

本来痔は、正しい知識を持っていれば、決して怖いものではありません。
自分自身の力で、簡単に改善することが可能なのです。

9.PNG

「サヨナラしたい気持ちはあるけど・・・」
たしかに、本当に自分の痔も治るのか・・と不安に思うかもしれません。
しかし、ご安心ください。
これまで様々な種類の痔を持つ方々の悩みをスッキリさせてきた痔解消法をお伝えします。
この痔解消法に難しいことは一つもありません。
たった二つのことをやっていただくだけです。

10.PNG

たったのこれだけです。
これだけのことを実践していただくだけで・・・
気づいたら痔が消えているのを実感するでしょう。
痔で悩むこともなくなり、元通りの生活に戻ることができます。
「具体的にはどうしたらいいでしょうか?」
はい、この方法を直接あなたにお伝えしたいところなんですが、
私は現在多くのお客様をかかえており、治療などで忙しいため、
直接お教えするには限界があります。
ですので、痔でお悩みのあなたのために、
この痔解消法の秘密の全てを初公開したマニュアルを執筆しました。
このマニュアルの一部をご紹介すると・・・

11.PNG

12.PNG

もちろん、効果がなかった場合には私の名誉にかけて
費用をいただくわけにはいきません。

ですので、全くリスクなくこの痔解消法をお試しいただけるよう
返金保証をお付けいたしました。
もし、痔が改善しなかったら、、
このマニュアルの費用を全額返金したいと思います。
この方法は、平均して1週間、早い方は翌日には効果が現れます。
しかし、効果には当然個人差があるので、効果が出るのが遅い方もいると思います。
しかし、どんなに遅くても、90日間あれば痔は改善されるでしょう。
なので、90日間真剣にこの方法を実践していただいても、
全く効果がなかったと判断された場合は、マニュアル購入後90日~120日以内に
一言私にメールしてください。
あなたからお預かりした商品代金を15日以内にご指定口座にお振込みいたします。
私はあなたの痔を改善させる自信があります。
それは、これまでこの痔解消法によってたくさんの方の痔を改善させてきた実績と、
この方法を発見するまで、膨大な努力と時間をかけてきた私のプライドがあるからです。
事実、この方法で全く効果がなかった、という方はいません。

13.PNG

私はこのサイトを、「痔で困っている人を助けたい」という思いで立ち上げました。
このマニュアルに私のすべてを詰め込みましたが、
自分一人では続けることもできないし、不安だってあると思います。
「私のマニュアルを読んでいただいた方には、どうにかして痔を治してもらいたい・・」
そこで、わたしは決意いたしました。

14.PNG

もちろん回数制限や、期間制限はありません。
あなたの痔が完治するまで、完全無料でサポートさせていただきます。
何か不安や分からないことがあったら、私にメールをください。
あなたの痔解消のために、全力でサポートいたします。
つまりあなたは、
金銭的なリスクがなく、
さらに痔が完治するまで私に無期限のメール相談が可能
ということです。
この価格で、これ以上のサービスは難しいでしょう。
また、私の本業は整体師であり、常にたくさんのお客様を抱えています。

先着30名様を超えた場合、誠に勝手ながら、
メールサポートのサービスを打ち切りらせていただきますので、
あらかじめご了承ください。


詳しくはこちらから
↓  ↓  ↓


1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”

イボ痔の治療で使用される薬

まず、イボ痔の治療で使われる薬を見る前に、そもそもイボ痔とはどのような病気なのかを確認しましょう。
イボ痔とは
「イボ痔」というのは、できる部位によって呼び方が分かれ、お尻の穴の内側にできたものが「内痔核」、外側にできたものが「外痔核」と呼ばれます。特に、内痔核は症状の度合いによって段階が4つに分かれています。初期の軽度な段階では患部である痔核が外側には出てこず、出ても自然と元に戻る状態ですが、重度になってしまうと外に出た痔核が戻らなくなってしまいます。イボ痔で薬を使って治療できるのは、先にあげた軽度な段階までとされています。
軟膏
軽度なイボ痔の治療で使われるものの一つに、「軟膏」があります。薬のタイプは大きく分けて二つで、一つは肛門の周辺にある痔核に対して塗るもの、もう一つは薬の入ったチューブをそのまま肛門に入れ、薬を注入するものです。イボ痔が肛門の出口周辺にある場合は、後述する坐薬が使えないので、この軟膏が用いられます。薬に含有される成分によって、ステロイド系と非ステロイド系に大別されます。
坐薬
次に紹介するイボ痔の薬は「坐薬」です。これは肛門に挿入するタイプの固形の薬で、肛門に挿入すると体温で成分が溶け出し、イボ痔の痛みや腫れ、出血といった症状を止めてくれます。肛門に挿入しやすいよう、両端が細く中心が太い形状をしているので、きちんと奥まで入れ、しばらく押さえて薬を内部にとどめるようにするのが正しい使い方です。そうすることで患部に直接効能を発揮することができます。
内服薬
最後に紹介するのは、軟膏や坐薬のように直接患部に作用するわけではなく、間接的にイボ痔の症状を和らげるために服用する「内服薬」、いわゆる飲み薬です。イボ痔の治療を目的として処方される内服薬は、イボ痔の大敵である便秘を和らげるための「緩下剤」や、肛門周辺の炎症を抑えるための「消炎薬」、抗生物質といったものがあります。これらを複合的に組み合わせて、イボ痔の治療を行います。
どれくらいの効果があるのか
先ほども述べたとおり、イボ痔の治療で薬の効果が期待できるのは、軽度な症状の段階までですので、ここまでに紹介したような「軟膏」「坐薬」「内服薬」などで重い症状のイボ痔が劇的に改善されることはありません。ただし、初期段階のイボ痔であれば、一定の効果があると言えるでしょう。特に軟膏や坐薬は、どちらも薬の成分が肛門周辺の粘膜をカバーして、排便の際に便が肛門を通るときの影響を抑えながら、患部に対して腫れや炎症を緩和するような作用をするので、イボ痔の症状によっては、これらが期待以上の効果をもたらすこともあります。
薬を使用するときの注意点・安全性
最後に、ここまでに述べてきたような「イボ痔」の薬を服用する際に気をつけるべき点について、ご紹介しておきます。
用法を守る
これは「イボ痔」の薬に限った話ではないですが、病気の治療を目的として薬を服用する場合には、必ずその薬の用法・用量を正しく守るということが大切です。病院で処方される薬は、当然のことながらその患者を実際に診察し、その症状や生活環境などを踏まえたうえで、患者にあった成分が配合された薬を処方しているわけですから、指示通りに服用しなければ効果がないどころか、場合によっては逆効果になってしまうことも起こりえます。また、ドラッグストアなどで購入できる市販薬は一般的な痔の症状に合わせた成分が配合されており、病院で処方された薬に比べると人によっては効能が劣ることも考えられますので、最大限の効果を得るためにも、必ず用法を守るようにしましょう。
効果がなければ必ず受診を
市販薬は、先にも書いたとおり医師がその患者の症状などに合わせて処方した薬とは違い、汎用的な成分のみで構成されています。また、市販薬の中には、炎症や化膿が見られるイボ痔では副作用があったり、症状を悪化させる可能性のある「ステロイド剤」が配合されたりしたものもあります。したがって、自分の体に合わない危険性も高いため、市販薬を2週間ほど使用しても効果がなかったり悪化したりするように感じられる場合はすぐに使用するのを止め、病院を受診するようにしてください。また、繰り返しになりますが、薬を使った治療が効果を発揮するのは、軽度のイボ痔だけです。痔核が外に出てしまっているような場合は、必ず病院で治療を受けましょう。
正しく保管する
薬は使い方と同じく、保管方法にも気をつけなければいけません。まず、高温・多湿な環境は薬の保管場所として適していません。直射日光も薬に悪い影響を与えますので、涼しくて、寒暖の差があまりない場所に保管するようにしましょう。また、坐薬は肛門に挿入したあと、体温で中の成分が溶け出してしまうほど高温には弱い薬ですので、できれば冷蔵庫で保管するようにしてください。さらに、薬にも使用期限がありますので、それを過ぎてしまっているものは使わないでください。たとえ期限が切れていなくても、色・においが変わっていたり、乾いていたり油が浮いている状態のものも使用してはいけません。最後に、小さい子供や認知症の方がすぐに手にできる場所も避けるようにしてください。

通院の必要性

痔核注射療法(ALTA)では痔核を完全に切除してしまうわけではないので、半年間程度は経過を観察する必要があります。手術の翌日はジオンを投与した部分や肛門周辺の状態を診るために病院に行かなければなりません。その後は1週間後、2週間後、1か月後から1年間の間は必要に応じて通院します。手術後2週間までの間、一時的に発熱することがありますが、その場合はすみやかに手術を受けた医療機関に相談するようにしてください。